HOME > 医院のご案内 > 矯正コラム

矯正コラム|表側矯正と比べると?

「矯正治療」というと、一般的には歯の唇側の表面に装置(ブラケットとワイヤー)を装着して歯を動かす表側矯正(唇側矯正)のことを指します。

表側矯正には様々な装置やテクニックがありますが、当院では金属やセラミックのブラケットを歯の表側に装着し、患者様の不正咬合の状態や歯の動き方、傾きなどに合わせてワイヤーを調整しながら歯並びを整えるスタンダードエッジワイズテクニックで治療をおこなっています。

オーダーメイドの矯正治療

 

表側矯正(唇側矯正)に対し、歯の裏側(舌側)に装置を装着しておこなう矯正治療を、裏側矯正(舌側矯正)といいます。

裏側矯正にも様々な装置やテクニックがありますが、当院では、患者様の歯に合わせてカスタムメイドしたブラケットとワイヤーを用いるインコグニートという舌側矯正システムを導入しています。

裏側(舌側)矯正

表側矯正と裏側矯正、どちらが優れているということはありません。
表側矯正の方が歴史が長く、長年の臨床研究・検証によって治療法が確立しており、ほとんどの矯正歯科医院で受けることができるというメリットがありますが、裏側矯正も適切な治療をおこなえば良い結果を得られます。どちらが優れていてどちらが劣っているということはありません。

裏側矯正の一番のメリットは、「表側からは装置がほとんど見えない」ということです。

表側矯正でも、白いセラミックのブラケットを使用すればあまり目立ちませんが、接客業や人前でお話をされることが多い方など、できるだけ装置が目立たない方法での治療を希望される方には、裏側矯正をおすすめしています。

裏側矯正のデメリットとしてよく指摘されるのは、「表側装置より違和感が強い」「しゃべりにくい」「口の中での調節に時間がかかる」など、歯の裏側に装置を装着することにより生じる問題についてです。
また、表側矯正より治療費が高くなることもデメリットのひとつと考えられます。

違和感やしゃべりにくさについては、ほとんどの方が装着しているうちに慣れていらっしゃいます。
当院で導入しているインコグニートについては、歯にフィットするようにカスタムメイドされていますので、従来の裏側装置より違和感などが軽減されています。

お口の中での調節については、治療を担当する歯科医師の技量にもよりますので一概には言えませんが、治療の段階ごとにカスタムメイドされたワイヤーを用いるインコグニートを導入することで、当院においては従来の裏側矯正より調節時間は短くできていると思います。

費用については、裏側装置自体が表側装置よりも高額になることから、全体の矯正治療費が高くなります。治療費をあまり多くかけられない方は、表側矯正を選ばれることをおすすめします。

以上のように、表側矯正にも裏側矯正にもそれぞれメリット・デメリットがあります。

当院では、患者様自身が納得できる方法で治療をおこなうことが最善だと考えていますので、どちらについてもきちんと説明しております。裏側矯正に興味や疑問があれば、どうぞ気軽にご質問ください。

このページのトップへ