HOME > 治療例 > 口唇口蓋裂

口唇口蓋裂(口唇裂・口蓋裂)/外科矯正・保険適用

口唇口蓋裂(こうしんこうがいれつ)とは先天性の病気のひとつで、口唇の一部が裂けている口唇裂と、口腔の上壁である口蓋が裂けている口唇裂の総称です。手術や矯正などの治療は成長の段階に合わせておこないますが、治療を開始する段階に至るまでも、口腔外科・小児科・矯正歯科などによる医療チームが発達や咬合などの管理をおこないます。

口唇口蓋裂(口唇裂・口蓋裂)の治療

口唇口蓋裂が発症する原因は不明ですが、適切な治療をおこなうことでほとんど障害は残りません。
口蓋裂のお子様は上顎の発育が悪いため、3歳頃から上顎の拡大が必要になることがあります。また、上顎の発育不良から下顎前突(反対咬合・受け口)になりやすく、永久歯列期の矯正歯科治療が必要になることがあります。

口唇口蓋裂の治療例 : 永久歯列期に下顎前突と叢生が見られたケース


治療前


治療後

口唇口蓋裂の患者様が永久歯列期に入ってからおこなった矯正歯科治療例です。下顎前突(反対咬合・受け口)になっており、上顎前歯のねじれを含む叢生(でこぼこの歯並び)が見られます。
こちらの患者様はワイヤー矯正だけで下顎前突(反対咬合・受け口)を治すことができましたが、上あごの成長が不十分で下あごが突出しているようなケースでは、下あごの成長が終わるのを待って外科矯正をおこなう場合があります。

このページのトップへ