HOME > 治療例 > 上下顎前突

上下顎前突(上下の出っ歯、両顎前突)

上下顎前突(じょうげがくぜんとつ)とは、奥歯を咬み合わせたときに上顎・下顎の両方の歯が前方へ突出してしまう状態を指す不正咬合です。日本人には比較的多く見られる症状と言われています。 前歯が突出しているため、唇を閉じるときに力が入ってオトガイにシワが寄ってしまいます。

上下顎前突(上下の出っ歯、両顎前突)の治療

上あご・下あごの両方が前に飛び出して出っ歯になっている状態です。リラックスしている状態では唇が開いてしまう方が多く、唇を閉じると口元の筋肉に力が入って緊張が見られます(オトガイにうめぼしのようなシワが寄っている状態)。
上下両方のあごを後方に下げる必要があり、通常は抜歯が必要になります。単に出っ歯の状態を改善するだけならそれほど多くの抜歯は必要ではありませんが、咬み合わせも良くするために抜歯本数が増えてしまうことがあります。矯正用のインプラントを併用することで、抜歯本数を少なくすることができる場合があります。

上下顎前突の治療例:ミニインプラントを併用する矯正(インプラント矯正)で治療

治療内容 : 唇側のワイヤー矯正+インプラント矯正


治療前


治療中


治療後

上下の前歯の突出だけではなくでこぼこ(叢生)も見られるため、抜歯が必要と診断しました。インプラント矯正できれいな歯並びと咬み合わせが得られました。唇を閉じても緊張が見られず、横顔もきれいになりました。

抜歯で得られたスペースの有効利用

抜歯をするのは、抜歯によって得られたスペースを有効利用するためです。インプラントを固定源とすることで、抜歯スペースをより有効に活用することができるようになりました。
一般的なワイヤー矯正では歯と歯で引っ張り合って動かすため、ワイヤーに引っ張られた奥側の歯がわずかながら手前に移動してしまうことがあります。あごに埋入したインプラントを固定源にすれば動かしたい歯だけを効率よく動かすことができ、抜歯で得られたスペースを前歯を下げるためのスペースとして充分に使うことができるのです。

このページのトップへ