HOME > 医院のご案内 > 矯正コラム

矯正コラム|矯正治療中の虫歯

矯正治療は器具をつけているために歯を磨きづらくなります。

そのため矯正前よりも丁寧に歯磨きをしないと、虫歯になる可能性が高くなります。矯正歯科専門の医院としては、虫歯予防は当然注意すべき点で、患者様と一緒に取り組むべき問題だと考えています。

虫歯について意識が低い医師もいる?

実は、矯正治療中の虫歯について、意識が低い医師がいるのも事実のようです。
虫歯は矯正専門の医師にとっては専門外ともいえる治療です。(もちろん歯科医師免許を取得していますので、治療はできます。)

毎回の調整時に虫歯チェックをおこなうことは、患者様の歯のことを考えたら、当然のことで、特に明言するまでもないことですよね。健康な歯にするための矯正なのですから、矯正のために虫歯をつくるのは本末転倒ともいえます。

患者様も矯正医院を決める際は、虫歯予防に関する質問を行い、医師の虫歯に対しての意識を確認すべきかもしれません。

力を合わせて虫歯予防を!

何年か前に治療中の虫歯について、矯正歯科の先生が訴えられ敗訴するという事件がありましたが、同業者としても一個人としても衝撃にたえませんでした。

矯正治療は、医師と患者様、患者様のご家族が協力してこそ、きちんと完了まで到達できるものだと思います。患者様と医院の双方が全力で虫歯にならないよう努力することが、健康な歯を維持する唯一の方法だと考えております。

このページのトップへ