HOME > 医院のご案内 > 矯正コラム

矯正コラム|矯正装置の種類

矯正治療と一口にいっても様々な治療法や装置があります。
その中でも代表的な治療方法が以下になります。

  • 表側矯正
  • 庄矯正
  • 裏側矯正
  • インプラント矯正
  • ハーフリンガル
  • マウスピース矯正
  • クイック矯正

表側矯正

歯の表側に装置を装着する方法です。中でも代表的な治療法は下記2種類になります。

ストレートエッジワイズ法

表側矯正の代表的なのが“ストレートエッジワイズ法”と呼ばれるものです。幅広く用いられる方法で、ブラケットを装着した歯に平均値に合わせた形状の既製のアーチワイヤーを組み込んで治療を行います。

スタンダードエッジワイズ法

矯正歯科医がそれぞれの患者様の一本一本の歯並びに合わせて複雑にワイヤーを曲げたりトルク(ひねり)をかけていく治療法です。当院では「オーダーメイド矯正」とも呼んでおり、患者様にぴったりと合った装置を作成します。しかし、こちらの方法は、医師の技術と経験が必要です。※当院はこちらの方法です。歯の動きやすさ、期間、仕上がりの良さに違いが出ると私(院長)は考えております。

オーダーメード矯正治療

庄矯正

主に小児矯正として用いられる方法で、歯並びを整えるというよりは、顎の拡張のために装着するものです。取り外しが簡単にできますので、歯磨きの間は外すなど、虫歯予防には良いともされています。

※噛み合わせという観点からは合わず、当院では使用しておりません。

裏側矯正

歯の表側に装置を装着する方法です。
裏側に装着しますので、歯が磨きにくいのが難点ですが、装置が目立たず、見えにくいため装置が目立つのが嫌だという患者様のストレスが軽減されるかと思います。
裏側矯正

部分矯正

・MTM(部分的な矯正)

場合によりますが、歯を少しだけ(0.1mm〜0.5mm程度)削り、スペースを作って歯並びを整えます。
捻じれも少なく、1本程度の歯並びを整える場合に用います。

・インプラント矯正

小さなネジを一時的に埋めいれて、そこを支点として歯を動かす治療方法です。

比較的最近の治療法で、これまでヘッドギアを使用しなければならなかった治療例もこの治療方法により、かぶらなくてもよくなりました。

ハーフリンガル

上の歯は裏側矯正、下の歯を表側矯正でおこなう治療法です。表側矯正より目立たず、裏側矯正よりは費用が安いのが利点です。

※噛み合わせという観点からは合わず、当院では使用しておりません。

マウスピース矯正

透明なマウスピースを歯に装着する矯正方法で、取り外しも可能です。

矯正装置の中では一番目立ちにくい装置かもしれません。軽度の矯正治療には向いていますが、治療期間が長くなる可能性があります。

クイック矯正

前歯などの歯を薄くけずり、セラミックの薄い板のようなものを被せて歯並びを整える、審美治療に近い治療方法です。

このページのトップへ